ケガに注意

お知らせ 2020.03.31|tag: 骨折 保険 見直し 傘

こんにちは。

トリニティ・コンサルタンツの土井です。

 

新型コロナウイルスで経験をしたことのないような事態になっています。

昨日志村けんさんの訃報が出ていましたが、ここまでとは思ってなかった人も

自分を含めて多いのではないかと思います。。

 

これ以上感染が拡がらないよう人の集める所には行かない、

手洗い・うがいを欠かさず行う等自分で出来る事から始めていかなければなりません。

 

 

・・・という大変な時に転んで足を骨折してしまうという、

実に恥ずかしい事態が起きてしまいました。。

 

数年前にも同じ左足を骨折したのですが、

今回は「下駄足骨折」という骨折でした

正確には第五中足骨骨折と言われ、写真のaの箇所が折れていました。

こたつから立ち上がる際に足を挫いて「ゴキッ」と良い音はしたのですが、

捻挫だろうと思っていると段々と痛みで冷や汗が出るように・・

そのうち座っているだけで非常に強い痛みが止まらなくなり、

その日のうちに病院でレントゲンを撮ると折れていた、という流れです。

 

日本中が大変な時期にしょうもないケガで家族に迷惑を掛けてしまうという

我ながら恥ずかしい事態になってしまいましたが、

そこはバッチリ保険でカバーです!!

 

毎日包帯を取り換えてお風呂の前には濡れないようラップを巻いてくれている

妻と子供には治ったら保険金で美味しいものでも食べさせてあげようと思います

 

とはいえ、これは事前に保険を検討し、加入まで済んでいたから出来た(る)事です。

 

保険は傘に例えられます。

雨の日に傘を差さずに歩く人はいません。

が、晴れの日に突然雨が降り始め手に傘を持っていない時もあるかもしれません。

その時、運よく目の前に傘屋さんがありました。

でもそのお店は閉まっていて、こう貼り紙がしてあります。

『当店、雨天時は休業します』

 

ある日突然滝のように雨が降って、しかもそれが何日~何カ月も止まない・・

そんな時困らないように準備できていますか??

 

 

May the force be with you.

 

トリニティ・コンサルタンツ

土井

 

 

 

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい記事 <<

前の記事 >>

CONTACT

086-206-3366 メールでのお問い合わせ